Trade affairs

貿易事務の求人を見てみよう|採用されるために必要な技術

転職先の探し方

効率よく転職先を探す

レディ

未経験で貿易事務の仕事に転職を考えている場合に知っておきたいのが、未経験でも応募が出来るのかという点です。
貿易事務は一般事務と仕事の内容が異なり、専門的な知識が必要とされる場合があるので注意が必要です。
ただし、転職後に研修が受けられる求人も多いので、そういった求人を選ぶようにすれば未経験でも安心して応募出来ます。
数多くの貿易事務の求人があって、それぞれ勤務時間や休日などの勤務条件が異なります。
また、業種によって業務内容が異なる場合が多いので、希望の条件について事前にはっきりさせておいた方が求人探しがしやすくなります。
勤務地が遠い場合は、通勤手当が出るかどうかや、勤務地の近くに寮があるかや住宅手当の有無なども重要なポイントとなります。
自分に合った転職先を見つけるためには、貿易事務求人の探し方も重要になって来ます。
インターネットの転職サイトを活用すれば、時間を気にせずに自分のペースで探せますし、細かな条件を指定して探せるので、自分の希望に近い貿易事務求人を効率よく探すことが可能です。
転職サイトの中には貿易事務求人に特化していて豊富な貿易事務求人の数や、転職後の手厚いサポートを特徴としている転職サイトも多くなっています。
転職サイトのほとんどは完全無料で登録や利用ができます。
また、中には無事に転職が決まったらお祝い金が出るシステムのところもあるので、貿易事務への転職を考えている方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

応募前の準備

レディ

貿易事務は貿易に関係する会社の事務を担当する仕事のことです。
貿易に関係する会社といってもその種類は様々です。
海外から材料を仕入れたり海外に商品を輸出したりするメーカー系、輸出入の際のチェックを行う通関関係業務、商品のやりとりを仲介する商社などが主なものですが、それ以外にも様々な業種で貿易事務は必要とされています。
グローバル化が進む昨今では、海外との取引が増えてくるのも当然であり、それに従い貿易事務の求人も増えてきています。
貿易事務は通常の事務と異なり、語学力と貿易に関係する専門知識が必要とされています。
そのため、求人では即戦力を求めているところが多く、経験がある人が有利になります。
未経験可の求人もありますが、その場合は派遣社員として雑用を兼ねた仕事を任されることが多いです。
それでも貿易事務の現場にいることから少しずつは仕事を覚えることができるため、意味がないわけではありません。
いずれ正社員として働きたいのならば、まずは派遣社員として経験を積み、その後正社員への転職をするのがよいでしょう。
遠回りのように見えてもこれが近道です。
未経験可の求人でも、貿易事務の場合は英語力は必要なことが多いです。
そのため英語力はきちんと身につけておくのが大切です。
また、時間があれば貿易事務に関する知識を学んだり、資格の勉強をしておいたりしておくとよいでしょう。
派遣会社には研修があることも多いので、大いに活用するとよいでしょう。

正社員を目指す方法

女性

派遣社員から正社員を目指す方法は様々ありますが、近年は非正規雇用が増加をしており、正社員を目指す道は年々難しくなってきています。
特に未経験者の場合や年齢を重ねるにつれてさらにこの道は険しくなります。
求人を見た際に未経験者歓迎等の文字があるかどうかはしっかり確認する事が大切です。
貿易事務の求人は比較的多いですが、多くが経験者採用を行っています。
貿易事務の業務が貿易の流れを知っていないと難しい上、専門用語を使う、また海外とのやり取りも出てくるので英語力が必須となる等、様々な要件が必要となるので経験者採用がメインとなっています。
ここでポイントになるのが、派遣社員としても貿易事務の経験があるかどうかです。
派遣社員であれば比較的容易に貿易事務の仕事に就くことができます。
大手の派遣会社に登録をすれば、未経験者でも商社やメーカー等の貿易事務の仕事の紹介は多数あります。
業務はアシスタント的な要素が強くなりますが、経験を積むことができます。
この経験があれば経験者採用が中心の貿易事務の求人にも自信をもって応募する事が可能となります。
特に今まで正社員としての勤務経験よりも貿易事務の経験が重視されるのがこの求人なので積極的にアピールする事が大切です。
貿易事務は輸入側と輸出側に分かれます。
派遣社員であれば、複数のメーカーや商社等でこの両方を経験する事も可能で、正社員以上の業務知識を得る事も出来ます。
まずは派遣会社に貿易事務が行いたい意向を伝えて登録する事が大事です。

ピンポイントで狙おう

女性

貿易事務の求人は経験者あるいは派遣での募集が大半です。専門性を必要とする業務だからです。これからチャレンジしたい人は応募する企業のリサーチをし、貿易事務の業務内容確認、将来の可能性を見出せるかをポイントに探してみましょう。

もっと読む

英語が活かせます

電話をする人

貿易事務の求人を多く見つけることができますが、どの会社においても英語力は必要です。貿易実務が未経験でも、ビジネスマナーと最低限のパソコン知識があれば、意欲などを考慮して入社できる場もあります。貿易実務検定などの資格を取りアピールしましょう。

もっと読む

転職先の探し方

レディ

貿易事務所の仕事は、経験がなくても転職できるという点がメリットの一つです。それぞれの業種によって、勤務条件などは異なりますが、転職をした後でもしっかり研修を行なってくれるところも多いです。自分に適した求人を探す際には、転職サイトを利用するとよいでしょう。

もっと読む