Trade affairs

貿易事務の求人を見てみよう|採用されるために必要な技術

ピンポイントで狙おう

細かいからこそリサーチ

女性

海外との取引に携わりたい、英語を使う仕事をしたい人にオススメの業界といえば貿易です。
貿易は日々流通する海外からの物の輸入や輸出に携わることが出来る仕事です。
これからは英語は当たり前の事、自分で考えて行動出来る人が生き残る時代です。
そのかなめとして貿易は突破口の一つです。
さてそんな求人で貿易事務を探す場合どのように探すべきでしょうか。
まずは業務内容、勤務場所です。
貿易事務はインボイスやパッキングリストといった金額明細や梱包明細の作成業務があります。
場合によっては保険書類の作成や他の法律に関する書類作成を代行する場合もあります。
事務経験がある人は比較的入り口は入りやすいです。
しかし貿易事務は専門用語をつかいながらの業務です。
通関知識や為替について知っておくと業務欄も理解しやすいです。
また貿易事務という業務は会社の業務により異なることを理解しておかなければなりません。
たとえばフォワーダーの求人の場合は船や飛行機のスペースブッキングを行います。
輸出者あるいは輸入者の場合は商品価格の設定、取引先との交渉業務もあります。
事務の範囲がどこまでなのか、営業と組んでの業務なのかは電話や面接で確認しておく必要があります。
また通関業者いわゆる乙仲の場合、通関士との連携やカスタマーサービスに近い業務が多い為、語学を活かしたい人は商社と連携している企業を選びましょう。
仕事内容は多岐に渡るため、求人記載内容と企業特色を事前リサーチしておくことが大切です。

キャリアアップへの貢献

女の人

貿易事務の仕事は海外との交流も多く、語学スキルを活かせるという特徴を持ちます。
その為、英語を中心に外国語のスキルに自信のある方に人気の職業です。
この貿易事務の求人は様々な雇用形態がある事も人気のポイントとされており、正社員で無い場合は派遣などの期間を限定した働き方も可能です。
派遣の仕事では前職で培った経験やスキルを思う存分発揮できる事から、キャリアアップを目指している求職者にも注目されています。
そして、貿易事務の仕事が脚光を浴びている理由としては大手企業からの募集が多いという点もあるのです。
これは給与をはじめ、雇用条件が充実しているという利点が挙げられます。
具体例としては、貿易事務の仕事は大手の総合商社やメーカーなどからの求人が多く、輸出入の業務に携わることになります。
特に、原材料の輸入や商品の輸出業務では重要な役割を担い、取引先相手との橋渡しを担う存在となるのです。
このことから貿易事務を担う人材には優れたコミュニケーションスキルも要求され、外国語の能力を活かして輸出入に関する業務をスムーズに遂行する人材が求めれます。
派遣のような形態で複数の職場を経験する事で様々な貿易事務の業務について学ぶ事が可能です。
その為、求人応募の際にも複数の経験を持つ人材が優遇されるケースが多くなる傾向が見られます。
更に、これらの蓄積された業務経験が新たな求人先で役立つ事も多くなります。
その為、貿易事務はキャリアアップを目指している方に理想的な仕事です。

登録の基本的な流れ

男性

貿易事務の求人は経験者が優遇されるという特徴があります。
貿易事務には貿易に関する専門知識が必要とされ、英語力も必要となるためです。
体力的にもタフな仕事であり、未経験者よりも経験者の方を好む傾向があります。
ですが、未経験可の求人がないわけではありません。
主に派遣社員としての求人になりますが、未経験可の求人も存在します。
新卒以外で貿易事務で働こうとする場合や、長く貿易事務として働こうと思う場合は、まず派遣社員として働いて経験をつみ、その後正社員の求人に応募するという流れがおすすめです。
派遣社員として働くには、派遣会社に登録する必要があります。
派遣会社の登録というと不安な気持ちになる人も多いのですが、難しいことはありません。
ですが、Web上で完結することはなく、登録会とよばれる会に参加する必要があります。
登録会への参加と派遣会社への登録は基本的に無料です。
ですが、登録会への参加には予約が必要なこともあるので事前に情報を確認しておく必要があります。
Webで予約する場合は、スキルや経験も登録することがあります。
登録会では、派遣会社の仕組みなどを説明した後、面談を行います。
スキルや経験と、本人の希望にそって仕事を紹介していくことになるので、正直に話しましょう。
採用面接ではなく、適性を見るための面談なので自分をよく見せるのではなくありのままを見せるのが大事です。
その後、パソコン能力などのスキルチェックがあり、条件があえば仕事の紹介になることもあります。

ピンポイントで狙おう

女性

貿易事務の求人は経験者あるいは派遣での募集が大半です。専門性を必要とする業務だからです。これからチャレンジしたい人は応募する企業のリサーチをし、貿易事務の業務内容確認、将来の可能性を見出せるかをポイントに探してみましょう。

もっと読む

英語が活かせます

電話をする人

貿易事務の求人を多く見つけることができますが、どの会社においても英語力は必要です。貿易実務が未経験でも、ビジネスマナーと最低限のパソコン知識があれば、意欲などを考慮して入社できる場もあります。貿易実務検定などの資格を取りアピールしましょう。

もっと読む

転職先の探し方

レディ

貿易事務所の仕事は、経験がなくても転職できるという点がメリットの一つです。それぞれの業種によって、勤務条件などは異なりますが、転職をした後でもしっかり研修を行なってくれるところも多いです。自分に適した求人を探す際には、転職サイトを利用するとよいでしょう。

もっと読む