Trade affairs

貿易事務の求人を見てみよう|採用されるために必要な技術

器用さが要求される

ワールドビジネスのコツ

男女

ロボットが事務職をいずれ奪うと言われている世の中ですが、ITにも出来ないのが、トラブルに対して臨機応変に対応する事です。
数ある事務職の中でも今後生き残る確率が高い貿易事務の求人について紹介していきます。
貿易事務は輸入者と輸出者をつなぐためのサポートを行う業務です。
求人で掲載されているのは派遣社員がほとんどを占めていますが、新卒かもしくは経験者であれば正社員での転職チャンスがあります。
未経験ではなかなか資格があっても評価されません。
貿易実務検定であればB級以上、通関士資格を持っていれば活かせる可能性があります。
貿易事務の仕事は実に多岐にわたります。
インボイス、パッキングリストの作成を始め、納期調整やクレーム対応などです。
国際取引においては時間だけでなくその国の法律や税率も知っておく必要があります。
また契約条件や保険会社や取引先とのやりとりなど営業よりも細かな気配りや対応が求められます。
派遣求人の場合、一般よりも専門性が高いため時給も高めです。
正社員であれば22万円前後です。
貿易事務でキャリアを積めば、その後求人で応募するさいに「海外」の選択肢が開きます。
英語力を活かしたい人はもちろんの事、独立したい人や個人ビジネスのために経験を積むのも良いでしょう。
これからますます輸入に依存する日本にビジネスチャンスを見出し貿易事務で世界に羽ばたくきっかけにしてみる道もあります。
常にアンテナを張れる人に向いています。

英語力がカギになる

男性

貿易事務の求人を探す時には、英語力が重要になります。
英語力は高ければ高いほど、有利になります。
貿易事務の求人の募集要項には、英語力のことが明記してある場合があります。
TOEICの点数で言えば、600点以上のスコアがあったら、貿易事務の求人に申し込めることが多くなります。
有名な企業の場合は、700点以上を求めることもあります。
貿易事務の求人に応募して、採用されたら、自分の英語力を伸ばせるようになります。
仕事で毎日使うことになるので、どんな人でも少しずつ英語力が上がっていきます。
職場の先輩が指導してくれることもあります。
英語を武器にして働きたい方には、ぴったりの職場と言えます。
同じ会社で働き続けるのが理想ですが、英語力があれば、転職の時にも有利です。
現代社会はグローバル化されており、外国の会社と取引のあるところが増えています。
外国との取引で使われるのは、主に英語です。
日本人は英語は得意と言えないので、英語ができれば、転職先でも優遇されることは間違いありません。
貿易の事務の仕事をすれば、英語を書く力も伸ばせます。
書類の作成時に英語が使われるので、仕事でどうしても英語を書く機会が増えます。
それによって、英語のライティング能力が上がります。
英語のライティングの力を持っている人は少ないので、貿易関係の会社で働くときは優遇されるでしょう。
リスニングやスピーキングの力も上がります。
実際にそれを使って働くので、実用的な英語力が伸びていきます。

評判ポイントを見極める

人形

求人には様々な企業と業種が掲載されています。
日々進化している日本の中でこれからも活躍出来るであろう業界と言えば貿易業界です。
TPPが世の中を騒がせていましたが、物が流通している限りなくならないのが物流です。
そして国際取引はますますこれから盛んになると言われています。
そんな貿易業界を目指すならまずは貿易事務の求人を狙いましょう。
探し方のポイントは雇用形態、企業規模、目指す将来です。
まず雇用形態ですが、貿易事務は派遣社員がメインです。
新卒以外は転職者であれば経験が必要になります。
次に商社、フォワーダー、小さい商店など働く場所の扱う商材や規模、将来性をチェックする事です。
さらには未来的な視野を持つことが大切です。
貿易事務で経験を積んだあとは独立したいのか、海外に出たいのか、営業をしたいのかなど求人を探す際に未来を見据えて中身を見ていきましょう。
派遣でおすすめなのは親会社が商社の企業です。
商船三井や丸紅など親が貿易に強い企業であれば関連会社への就業が可能な為、わりと簡単に見つかります。
自分で探す場合は貿易事務の業務内容が具体的に提示されている企業を選び不一致がないように事前リサーチして面談に挑みましょう。
通関士や貿易事務の資格を取得していると有利になります。
求人で給与や楽そうなどの理由で選ぶのでは意味がありません。
世界で戦う覚悟を持って実務経験を積んでいけば必ず役にたつ時がやってきます。
アドバイザーとして活躍する道も開けます。

ピンポイントで狙おう

女性

貿易事務の求人は経験者あるいは派遣での募集が大半です。専門性を必要とする業務だからです。これからチャレンジしたい人は応募する企業のリサーチをし、貿易事務の業務内容確認、将来の可能性を見出せるかをポイントに探してみましょう。

もっと読む

英語が活かせます

電話をする人

貿易事務の求人を多く見つけることができますが、どの会社においても英語力は必要です。貿易実務が未経験でも、ビジネスマナーと最低限のパソコン知識があれば、意欲などを考慮して入社できる場もあります。貿易実務検定などの資格を取りアピールしましょう。

もっと読む

転職先の探し方

レディ

貿易事務所の仕事は、経験がなくても転職できるという点がメリットの一つです。それぞれの業種によって、勤務条件などは異なりますが、転職をした後でもしっかり研修を行なってくれるところも多いです。自分に適した求人を探す際には、転職サイトを利用するとよいでしょう。

もっと読む